あごニキビナビ

>>日本で一番売れているアゴニキビケア化粧品【メルライン】が30%OFFキャンペーン中!<<

目次

あごニキビの原因〜妊娠

 

あごニキビの原因

これまであごニキビが出来たことがなかったのに、妊娠を機にあごニキビが出来るようになったという経験をお持ちの方も居るのではないでしょうか。

実は、このように妊娠中にあごニキビが出来る原因は妊娠中の体にあることが起こるからなのです。
今回はその原因についてご紹介致します。

 

女性の体には"エストロゲン"と"プロゲステロン"の2種類の女性ホルモンが存在します。
エストロゲンと呼ばれているホルモンはお肌にある潤いを保ち、お肌のバリア機能を正常に保つ効果があります。
また、皮脂の分泌を抑える効果もあるためあごニキビの原因である皮脂の量が減り、あごニキビになりづらくなります。
一方、プロゲステロンと呼ばれるホルモンは妊娠に関わるホルモンで赤ちゃんが居る子宮内の状態を整えたり体内に水分を蓄えたりする働きがありお肌に対しては悪影響を及ぼすホルモンでもあります。
妊娠をすると赤ちゃんを守るためにもプロゲステロンの分泌が盛んとなるためエストロゲンは男性ホルモンと似た働きをするので皮脂の分泌量が多くなることも確かなのですが同時にあごに皮脂が集中し、妊娠中は特にあごニキビが出来やすいということになります。

 

あごニキビの治し方〜食べ物

 

あごニキビの治し方

一度出来てしまうと繰り返して出来やすいと言われているあごニキビに悩んでいる方も意外と多く居るようです。

繰り返し出来やすいことから、あごニキビの治し方について何かいいものがないかと悩んでいる方も居るかもしれませんね。

 

そこで今回はあごニキビを治すために良いと言われている食べ物をご紹介致します。
あごニキビの原因としてよく挙げられるのが"ホルモンバランスの乱れ"と言うのは有名ですよね。
ホルモンバランスは食生活が乱れることでも乱れますからバランスの偏った食事を摂り続けていると注意です。
そのため、規則正しい食事を心がけましょう。
ホルモンバランスを整える主な食材としては
・納豆などの大豆製品(ビタミンB6、イソフラボン、パントテン酸)
・バナナ、マグロ、カツオ(ビタミンB6)
・うなぎ、かぼちゃ(ビタミンE)
・レバー、アボカド(パントテン酸)
とこれらがオススメです。
どの栄養素もホルモンバランスの乱れを治すだけではなく美肌やニキビ治療にピッタリですからオススメです。

 

即効性あるあごニキビの治し方 

 

あごニキビの治し方

大事な用事があるのに目立つ場所にニキビが出来てしまって困っている方も居るのではないでしょうか。

特にあごや口周りにニキビが出来てしまってお肌が荒れていたらとても気になってしまいますし、出来れば即効でニキビを治したいですよね。

 

そこで今回は即効性のあるニキビの治し方を調べてみましたのでご紹介致します。
1.皮膚科で処方される飲み薬(内服薬)・塗り薬(外用薬)を使う
2.野菜をたくさん食べる
3.夜の10時前には寝て、8時間ほどの睡眠をとる
4.夜の洗顔と保湿
これらが重要となります。
こうすることで比較的軽い炎症のニキビでしたら一晩で治まると言われていますから是非試してみてくださいね。
皮膚科で処方される薬を使うのがオススメです。
他にはお肌の調子を整えるためにビタミンを野菜で補給し、夜にシッカリと寝てお肌の再生を正常化することも大事です。
そして、睡眠中はお肌から水分が蒸発しやすくなるので寝る前には必ず保湿をするのが大切です。

 

大きいあごニキビが痛い

 

大きいあごニキビが痛いあごニキビって一度出来てしまうと治ってもまた出来てしまったりと繰り返しやすい厄介なものなんですよね。
あごや口周りって目立ちやすいということもあり、嫌になりますよね。
ニキビにも色々な種類があり、赤くなって大きく腫れあがってしまい押すと痛いニキビもあります。
これは、毛穴が炎症を起こしているときの症状です。
押すと痛いので気になってつい触ってしまったり押してしまうという方も多いと思いますが出来るだけ触らないようにしましょう。

 

このように赤くなって大きく腫れあがってしまっている状態の押すと痛いニキビをすぐに治すのは正直難しいです。
触ってしまったり押してつぶしてしまうと更に治りも遅くなりますから気をつけましょう。
こういった触ると痛い大きいニキビは急がずに時間をかけてケアをしていく必要があります。
赤ニキビの場合は毛穴で炎症を起こしているので、放っておくと症状が悪化したりひどくなるとニキビ跡になって残してしまうこともあります。

 

あごニキビが皮膚科で治った?

 

あごニキビが皮膚科で

あごニキビに悩んでいる方って意外と多いようです。

一度出来ると治っても繰り返しやすいと言われているあごニキビは、場所的にも目立ちますしなんとか早く治したいですよね。
自宅でできるケアもありますが、確実に治したいという方は皮膚科に通ってみてはいかがでしょうか。
皮膚科で行われる専門的なケアとなると、実際のニキビを見て医師が判断しますが炎症を起こしたニキビにステロイド剤、抗生物質を用いる方法が一般的と考えられます。
確かに炎症を鎮めることは可能ではありますが、ニキビそのものの発生を抑えることは出来ません。
皮膚科の受診を考えているのでしたら、ホルモン治療で角栓発生、皮脂過剰分泌を促す男性ホルモンを抑制し、ニキビが出来難い肌質へと導くことが可能となっていますよ。

 

自己流で色々な商品を試してみるよりも、皮膚科や医療機関に通ってあごニキビを治すというのもオススメです。
実際に皮膚科で処方された薬で治った!という方も多いようです。

 

生理前のあごニキビを薬で治したい

 

あごニキビが皮膚科で

生理前ってニキビが出来やすいという方も多いでしょう。

生理前にニキビが出来てしまう方は"ホルモンバランスが乱れ、お肌の正常な働きが低下している"そうなのです。
生理前というと、ただでさえどんよりとしてしまうのにあごニキビまで出来てしまうと憂鬱ですよね。
特に保湿が重要となり、保湿をすることで角質を柔らかくし毛穴を詰まらせないケアが大切となります。
薬を飲んで早く治したいという考えの方も居ることと思います。
生理前に繰り返すあごニキビにオススメなのが「PAIR漢方エキス錠」です。
血のめぐりを改善して、ホルモンバランスの乱れからくるお肌の不調を改善するという効果が期待できます。
体質からニキビを改善したい方にオススメです。
5つの生薬からなる漢方「桂枝茯苓丸料」を処方しておりホルモンバランスの乱れによる肌不調を改善します。
ニキビ以外でも、肩こり・冷え・のぼせを感じることのある方のニキビ・シミの治療に効果が期待できますから普段から常備しておくと心強いですね。

 

あごニキビの原因はストレス?

 

あごニキビが皮膚科で

一度出来たら繰り返しやすいあごニキビに悩んでいる方も居るのではないでしょうか。

そのあごニキビ、何が原因で出来たかは分かりますか?
あごニキビの原因は様々なものが考えられます、が中でもよく知られているのが"ホルモンバランスの離京"ではないでしょうか。
女性の場合は性周期によってホルモンバランスが変かするため、それに合わせてお肌のコンディションも変化してしまいます。
男性の場合は女性のような周期的な変化というものはありませんが、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は多くなることが分かっています。
共通してホルモンバランスが乱れる原因として考えられるのがストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどです。
環境の変化や仕事や家事など忙しい日々を送っていると、そのストレスを簡単に排除することは難しいでしょう。
そのストレスと上手く付き合い発散するということを取り入れてみてはいかがでしょうか。
その他にも食生活に気を遣うなど出来ることを少しずつやってみましょう。

 

あごニキビの原因は思春期?

 

あごニキビの原因は思春期

小学生〜高校生あたりの10代の頃に出来るニキビを"思春期ニキビ"と言いますよね。

あごや口周りなどのフェイスラインはもちろん個人差もありますが男性であれば"思春期ニキビ"女性であれば"大人ニキビ"が出来やすいパーツとなっています。
何故、思春期ニキビであごニキビが出来るのでしょうか。
今回はその原因について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

実は、あごには男性ホルモンの受容体が多く存在するためあごやフェイスラインのニキビには「男性ホルモンが大きく影響している」と言われています。
思春期というと、体の発育のため男性ホルモンが増えて一時的にホルモンバランスが変化します。
第二次性徴に伴うこのホルモンの変化がニキビを出来やすくなるということなのです。
あごは他の場所と比較してみてもターンオーバーが遅く、ニキビ跡が残りやすいのが特徴です。
強い炎症のあるニキビができることもあるのでその際には注意しましょう。

 

あごニキビとホルモンバランス

 

あごニキビの原因は思春期

一度できると繰り返しできてしまうあごニキビに悩まれている方も多いのではないでしょうか。

ケアを誤ってしまうと、ニキビ跡として残ってしまう可能性もあるため慎重になりますよね。
あごニキビの原因って何かわかりますか?
原因としては様々なことが考えられますが、実は普段食べている食事が原因ということもあるようです。
ホルモンバランスが乱れる原因として生活習慣の乱れも挙げられますから、不規則な食事やファーストフードなど高カロリーを頻繁に食べるといったことももあごニキビの原因となるのです。
他にも、カルシウム不足もあごニキビの原因となります。
人はストレスを感じると体内のカルシウムが減少するということが証明されていますが、カルシウムが減少してしまった状態では安眠できませんし、なかなか寝付けないということも。
質の悪い睡眠はホルモンの乱れからあごニキビの原因となりますから質の良い睡眠をとるためにもカルシウムは重要となります。

 

男のあごニキビの原因

 

あごニキビの原因は思春期

一度出来てしまうと治っても繰り返して出来てしまうあごニキビに悩まれている男性も意外と多いようです。

あごニキビというと、間違ったスキンケアをしてしまうと悪化してしまったりニキビ跡になって残ってしまったり…ということも考えられます。それにあごや口周りのニキビや目立つので出来たら嫌ですよね。

 

あごニキビは男性は"思春期ニキビ"女性は"大人ニキビ"で出来やすいと言われています。
あごニキビで悩んでいる男性も多いことと思いますが、何故出来るのか原因はご存知でしょうか?
あごニキビに出来る原因として有名なのがホルモンバランスの影響ですよね。
女性は性周期によってホルモンバランスが変化するため、それにあわせてお肌のコンディションも変化していきますが男性はそのような周期的な変化はありませんがもともと男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は多くなります。
特にあご周辺はヒゲが映えるためカミソリなどによってお肌が傷つけられやすいこと、皮脂腺の分布も多いことから汚れやすく皮脂汚れが詰まりやすいのです。これがあごニキビの原因と言われています。